派遣労働者が副業をするには?

pixta_19227399_S

派遣労働者の人は、派遣としての給料だけでは満足出来ないという人はかなりの人数がいると思います。企業によっては、派遣労働者に副業を禁止している企業もありますが、禁止されていない人が副業で稼ぐためにどのようにすればいいのか、どのような事に気をつければいいのかをここからは詳しくみていこうと思います。

まずは、なぜ副業を禁止している企業があるのかということをみながら、派遣労働者が副業をするときには気をつけるべきことを考えていきます。派遣労働者の副業を禁止している企業では、企業の不利益を防ぐために副業を禁じている場合がほとんどです。不利益が生じる場合というのは、派遣社員が副業でライバル企業の仕事を高い給料に目がくらんで働いてしまったりして、社内の重要な情報や技術などの情報が流出してしまうのを防ぐためです。他にも、副業のせいで本業が疎かになったり、企業イメージと違う副業をして企業のイメージを損ねてしまうことを嫌って、副業を禁止しているという企業もあるようです。企業側には要求するだけで、強制する能力はありませんが、派遣先に不利益を与えたせいで解雇などに繋がってしまう可能性もあります。長い期間本業の派遣企業で働いていくためにも、従うべきでしょう。

次に、副業が禁止されていない企業に勤めている場合の、副業を選ぶ時の選び方や注意点を考えていきます。昼間に企業で派遣労働者として働いている人におすすめのアルバイトは、夜間のファストフード店の店員などです。この他にも、夜間の仕事は、時給も高く、本業の仕事を終えた後に仕事ができるので、副業にはぴったりです。どんな副業をするときも、翌日の仕事に影響が出ないように十分注意することが重要です。例えば、本業が休みになる前の日など、本業を中心に考えればよいでしょう。

次に副業を選ぶ時の注意点を紹介していきます。副業を選ぶ時は、本業への影響を考えて、自分の体力にあった量の副業をするようにしなければなりません。いくらお金が稼げるといっても、派遣労働者が派遣先の企業に迷惑をかけてしまっては元も子もありません。なるべくダブルワークは避けて、休みの日などに副業をするようにすると、バランスをとりやすいはずです。

ここまで、派遣労働者が副業をする時の注意点や、おすすめの副業などを詳しくみてきました。派遣労働の給料だけでは物足りなく思ってしまうというのは分かりますが、なるべく派遣先に迷惑をかけずに副業ができるように、自分の中での明確なルールをきっちり決めるように心がけるとよいでしょう。